なぎリハビリ
訪問看護ステーション

「なぎリハ」に関する記事

☆ ヘルプマーク ☆

お知らせ なぎリハ 便利なサービス情報 波之平(理学療法士) 資料DL

ヘルプマークってご存知ですか?

恥ずかしながら、理学療法士 波之平は今までこの存在を知りませんでした。

援助が必要な方のためにあるマークのようです。

 

このマークを身につけている方は、援助や配慮を必要としている人ですので、是非、皆さんも支援や配慮の方をよろしくお願いします。

 

なお、このマークの入手のし方に関しては、下記資料をダウンロードのもと確認をお願いします。

ヘルプマーク(資料のダウンロード可能)

☆ 日本認知症ケア学会 機関認定制度のお知らせ ☆

お知らせ なぎリハ 業界について 波之平(認知症ケア専門士)

認知症の様々なの取り組みが行われてきました。

これまで、人材に対する公的または民間の資格であったり、サポーター養成が開催されたりしてきました。

今回、新たに“日本認知症ケア学会”が、機関認定制度を設けることになったようです。

支援のできる機関が増えてくると、様々な支援の輪ができると思うので、画期的な制度になるのではないかと感じています。

私もこれまで、認知症ケア専門士として、微力ながら啓発活動 等を行ってきましたが、これからは事業所として活動の幅を拡げていきたいと思っています。

 

認知症の人だけではありませんが、少しでも生活に支障がある方に過ごしやすい環境が整えられるように、“なぎリハ”もしっかり協力できる体制にしていきたいと思います。

☆ 新年のご挨拶 ☆

お知らせ なぎリハ

明けましておめでとうございます。

“なぎリハ”も、皆様のおかげで新年を迎えることが出来ました。

皆様からのご支援やご助言の下で、今の“なぎリハ”があるものと思われます。

 

“なぎリハ”が微力ですが、皆様の力に少しでもなれるように、スタッフ一同、今年一年も精一杯努力をさせて頂きたいと思います。

今年一年もまたよろしくお願いします。

☆ なぎリハの理念を表現してくれている本 ☆

お知らせ なぎリハ

“なぎリハ”を立ち上げて2回目の正月を迎えることが出来そうです。

利用者様、利用者様の担当ケアマネージャーさん、各関係事業所の方、そして、なぎリハに興味を持って頂いている方 など、本当にありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。

 

月日は早いもので、2年目の事業所になりました。

これから益々皆さんのご支援やご助言の下、頑張っていく所存です。

また、少しでも皆さんのお力になっていきたいと思っています。

 

“なぎリハ”は皆さんの『ありがとう』で支えられてきました。

これからも皆さんの『ありがとう』を頂けるように、訪問看護を提供させて頂きます。

どうぞよろしくお願いします。

 

さて、今回、とある研修会で紹介され、そして私達の事業所の理念に近い内容が書かれており、是非皆さんに読んでもらいたい一冊です。

詳細は、著作権 等の問題で記載できないのが残念ですが・・・。

問い合わせ先は、参加させて頂いた研修会の主催である“ゆめのたね放送局”さんで大丈夫だとは思います。

もし、違うと言われたら・・・すみません。その時は、当事業所にありますので、見に来て下さい。

 

 

 

 

 

☆ 高齢者の医療費と保険料 ☆

お知らせ なぎリハ 医療保険 波之平(理学療法士) 資料DL

医療費と保険料はよく変わっているが、平成29年7月時点でも変わっています。

“なぎリハ”のスタッフとして、知っておかないといけないのですが・・・。

現実問題、「把握が十分出来ているか?」と言われれば出来ていないのが現状です。

でも、少しでも多くの情報を私自身も学び、皆さんに提供できるようにしたいと思っています。

今回、政府広報で厚生労働省が発行している資料があるので、ご興味がある方は、ダウンロードして下さい。

高齢者の医療費と保険料(平成29年7月時点)

☆ 郵便局のみまもりサービス ☆

お知らせ なぎリハ 便利なサービス情報

 

郵便局で高齢者のみまもりサービスがあることを、今日初めて知りました。

郵便局が行ってくれるので、知らない会社のサービスより利用しやすいのではないでしょうか?

申込み方法 等は資料を添付していますので、ご興味がある方や高齢者のいるご家族の方は是非みてください。

 

郵便局のみまもりサービス(資料ダウンロード)

☆ ラジオ放送 ゆめのため 収録 ☆

お知らせ なぎリハ 波之平(理学療法士)

平成29年1月3日21時からのラジオ放送に波之平(なみのひら)が出演させて頂くことになり、その収録が12月12日(水)に、広島市中区のエソール広島にて行われました。

パーソナリティは、徳永 吉一(とくなが よしかず)さんでした。

初めてのラジオ収録に参加させて頂き、とても緊張しましたが貴重な経験ができました。

来年1月3日の21時より、http://www.yumenotane.jpのURLにアクセス後、“中四国チャンネル”の再生ボタンを押すことで聞くことができます。

もし、ご興味がある方は聞いてください。

 

☆ 手洗い情報 ☆

お知らせ なぎリハ 資料DL

広島市から感染予防の観点から、手洗いの資料が配布されました。

公益社団法人 日本食品衛生協会から出されている内容です。

医療・介護に携わっている方だけでなく、一般の方も十分知って頂きたい手洗いの方法です。是非、内容を確認して頂ければと思っています。

資料が下記の部分をクリックしたら、ダウンロードできますので、必要な方はダウンロードしてください。

公益社団法人 日本食品衛生協会 手洗い資料(ダウンロード可能)

☆ 新しい多点杖 ☆

なぎリハ 介護保険 波之平(理学療法士) 資料DL

先日、当事業所の職員が最新の福祉用具の展示会に行き、その伝達講習の際に、私が気になった6点杖の紹介を紹介します。

 

「六点杖 ?、四点杖より安定感を増しただけ???なら、足が少なく見栄えがいい四点杖でいいじゃん!!! 一本杖に似てるし。」との感想を最初持っていました。しかし、話を聞いていると・・・

 

「六点杖もいいね!?」

 

さらに、話を聞くと・・・

 

「六点杖いい! 一点杖より断然!!!」

 

となりました。

 

理由は、下の4つ。

① 置き場に困らない。多点杖なので、立てておくことが可能。

② 見栄えが一点杖とあまり変わらない。

③ 一点杖より安定する。

④ レンタルが介護保険でできる。

 

理学療法士という立場から、決定打となったのは下の2点。

① 歩行時の推進力を妨げない(重心移動を妨げない性能がある)。

② 姿勢の改善が計りやすい(視線が前を向かせやすい性能がある)。

 

今後、利用者に、もし興味がある方居たら、積極的にこの六点杖を紹介したいと思っています。

是非、皆さんも下記パンフレットを一度見てください。

アシストスーパー多点杖(6点杖) (ダウンロード可能)

☆ RUN伴 ☆

お知らせ なぎリハ 波之平(認知症ケア専門士) 資料DL

今年も“RUN伴”のタスキが広島にもきます。

まだ、具体的な内容は聞いてはいませんが、広島市は10月に走ることになっています。

詳細は、PDFを添付していますので、ご確認下さい。

RUN伴2017ポスター(ダウンロードして下さい。)

RUN伴とは(ダウンロードして下さい。)

認知症ケア専門士 波之平は、“若年性認知症の本人・家族の地域生活支援を考える会”で走る予定にしております。

 

是非、みなさんも『広島は、認知症になっても安心して暮らしていける町』と、一緒に走ってアピールしましょう。

 

記事一覧に戻る

© 2016 NAGI REHABILITATION